たかひろの生涯読書するぞ!

「学んだら人生が変わった」!をかなえたい人のリアルなブログ

②先延ばしする人は早死にする! その2

したほうがいい先延ばし。戦略的先延ばし5つのケース
  • ①アイデアやクリエイティブな発想をするとき。直感的に思いついたアイデアなどは矢継ぎ早に実行せずに、一度寝かせることで、より質の高いものになることがよくあります。時間をおくことで、そのアイデアを冷静で客観視できる余裕が生まれます。
  • ②大きな決断、検討要素が多いとき。家や車の購入。結婚相手を決めるといった複雑な要素が絡み合ったことの決断は、すぐに答えを出さずに一度思考から離れて先延ばししてみるほうが、より納得できるいい結果が出ることがわかっています。
  • ③先延ばしで「心待ち」を楽しむとき。8週間前(2ヶ月)ぐらい前から予定をたてて心待ちにしてからのほうが、前後合わせて10週間も楽しめるのです。
  • ④やめたい習慣をやめるとき。たとえばタバコを吸うのを後にしようと考えるのです。あと5分待とう、次は10分、15分と先伸ばしの時間を長くしていくと、そのうち吸わなくても平気になってくる。こういうことがよく起きるのです。
  • ⑤怒りやムカつきを制御するとき。昔にアメリカ軍内であるルールを作りました。それは、兵士同士が口論やケンカを起こそうとしたら「その場では絶対やりあわず、翌日になるまで待て」というもの。すると軍のなかでのいざこざが劇的に減ったと言われています。

「あとで」を「すぐ」に変える5つのSTEP
  • 今すぐきっとなれる「スタートダッシュ」できる自分。
  • STEP①「環境」の準備。最初に見直すべきポイントは周囲の環境です。環境の変化が心理状態にも大きく影響して、「あとで」という先延ばしの習慣にも変化をもたらしてくれます。
  • 環境のミニマル化、誘惑する材料を自分から遠ざける。
  • STEP②時間の準備。やる気のゴールデンタイムを見つける。いつやるか、取りかかる時間を具体的に設定する。自分にか課した明確な時間設定が、やる気エンジン始動のきっかけになってくれます。
  • ”火事場の馬鹿力を利用する。タイムリミットを意識することで集中力が高まっていく現象を「締め切り効果」と言います。意図的にギリギリ状態に自分を持っていくのがコツです。
  • 締め切りは、他者に決めてもらう。それは「自分で設定した締め切りはあまり効果がない。
  • 自分で締め切りを決めるなら、あまり厳しく設定しない。締め切りは状況に合わせて上手に使い分ける必要があるのです。
  • STEP③タスクの準備「やるか、やらないか」の2拓で分類する。
  • なんでもかんでも「すぐ」やらなくていい。多くの人が勘違いしているのが、「すべてのことをすぐやるべき」と考えていることです。
  • 自分を取り囲む「やること」の絶対数を減らしてしまえばいい。優先順位がつけやすくなり、「すぐやるべきことを」を決めやすくなります。

  • 思いきってやらなくていいことはやらないと決めてしまうこと。
  • 心配事の80パーセントは起こらない。心配する必要のない「取り越し苦労」に気を揉まない。
  • やるべきことのハードルは高いときは小分けにして具体化する。
  • 小さなことをクリアしてゴールに近づいているという感覚を持てれば、人は行動を起こしやすくなります。
  • 具体的な手順を考えれば、ネガティブな連想が断ち切れる。
  • 「WHY」を考えるな「HOW」を考えろ。
  • 人間は行動するに当たって、その意義や理由、価値を考えるより、具体的な手順を考えるほうがやる気や意欲が引き出されやすい。
  • キツイのは最初だけ。とにかく「手をつける」とにかく何でもいいから5分だけやってみる。これが5分ルールです。
  • 取り組む順番を考える。人は選択肢が多すぎると決断できなくなり、「何も選ばない」という状況に陥ってしまいます。
  • STEP⑤「あとで」を追い払う。悪魔のささやきに負けない心理テクニック。
  • ネガポジ・アプローチ。手順①このまま先伸ばしした場合の「デメリットを書き出す」手順②このまま先延ばしした場合の「メリットを書き出す」手順③両者を比較する。
  • 自分を鼓舞する「独り言」の魔法「できる、できる、絶対にできる」「あきらめるな!」「自分を信じろ!不可能なんてない!」
  • 自分で自分を鼓舞することで、先伸ばしのグセを追い払うアプローチが「セルフ・ペップトーク」です。

 

  • 脳の特性をふまえて「すぐ」を習慣化する。
  • 1、こうしたらすぐやる(イフゼンプランニング)習慣化の皇帝。
  • 2、すぐやったらごほうび。
  • 3、自分のパターンを知る。毎日の記録で、自分の先伸ばしのパターンを知る。
  • 4、やってしまえばこんなもの。「予想」と「現実」のギャップを記録する。
  • 5、できることから変えてみる。小さな成功体験が、大きな習慣を引き寄せる。

 

感想

  • 先伸ばしの良いパターン自分へのごほうびの期間の最適化がわからなかったのですが、明確に期間がわかったのがすごい収穫です、とりあえず2ヶ月前に購入を決めてその間ワクワクします(笑)
  • やることをしぼること「やらない」と決めることの重要性を認識できました。
  • やるべきことは先延ばししない、限りある貴重な時間を大切にすることを学ばせてもらいました。
  • 読んでいただきありがとうございました。なにかあなたのお役にたてたら幸いです。